こんなにもあるガレージハウスのメリット

車はとても便利なものです。日本は国土が狭く公共交通機関が発達しているとは言え、首都圏の一部を除いてはやはり車はあった方が便利だと言えるでしょう。実際、一人暮らしを除けばかなりの世帯が一台以上の車を所有しているようです。
しかし、車で困るのがその保管場所です。駐車場は地域によってはかなりの値段となりますし、そもそも住んでいるところの近くにあるとは限りません。離れたところに駐車場を借りると、雨の日の荷物の積み下ろしなど、かなり不便を感じることになってしまいます。
そんなときに便利なのが、ガレージハウスです。これは、居住空間と車庫が一体となった家のことを指します。最近では、家を購入したり建築したりするときにこのタイプの住宅にする方が増えています。
では、このタイプの住宅にはどんなメリットがあるのでしょうか。

ガレージハウスにはこんなメリットがあります

こういった車庫が居住スペースと一体化している家には様々なメリットがあります。
まず最も大きいのは、やはり車が便利に使えるということでしょう。住んでいるところとは別に駐車場を借りると、乗る際にはそこまで移動する手間が掛かりますが、こういった家ならば車にすぐ乗りこめます。子供や高齢者がいる世帯にとってはこれはかなり魅力的な点だと言えるでしょう。
また、コストの面でもメリットがあります。駐車場を借りるとなるとやはり毎月の費用が掛かります。家賃や住宅ローン以外にも毎月の費用が掛かってくるというのはやはりかなりの違いと言えます。家計が楽になれば、その文貯蓄や娯楽に回せ、生活が豊かになると言えるでしょう。
さらに、こうしたタイプの住宅には他にもメリットがあります。

他にもたくさんの魅力があります

他のメリットとしては、まず最初にセキュリティ面が挙げられるでしょう。日本は治安が良いとはいえ、やはり車上荒らしや車へのいたずらといった犯罪は一定の確率で起きています。しかし、家と一体化している駐車スペースならやはり犯罪にあう確率はかなり減ってくるのです。
さらに、車が雨ざらしにならない、という利点もあります。やはり車も屋外で雨に当たっている状態と屋根がしっかりある場所にある状態ではかなり部品の劣化具合が変わってきます。これは、車を購入して5年目、10年目といった際の部品交換に関する費用とも関わってきますし、洗車代にも影響してくるのです。
他には、車を将来所有しなくなった場合でも物置として使えるというメリットもあります。このように、ガレージハウスには魅力的な点が多くあるのです。これから家を選ぶ、建てるという方はこのようなタイプの住宅も検討してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。